リオネット補聴器九州・山口で補聴器のことなら
認定補聴器専門店のリオネットセンターへ
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店|リオネットセンターの補聴器情報発信サイトKIKOERU(きこえる)

お問い合わせ・資料請求 来店予約

[ご紹介]遺伝性難聴を再現 患者iPSから内耳細胞 治療薬開発に期待・順天堂大|Yahoo!ニュース

2021年 5月 28日
Yahoo!ニュースより記事のご紹介です。
(久しぶりのご紹介記事です)

耳に届く音の振動を内耳で神経の電気信号に変換できない遺伝性難聴で、
世界で最も多いタイプの遺伝子変異による内耳細胞の異常が、
患者の人工他多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して実験容器内で再現されたとの内容です。

このことを発表した順天堂大の神谷和作准教授は、
「難聴患者のモデル細胞ができたことで、治療薬や遺伝子治療法の開発が進む」と話しているとのことです。

記事について詳しくはYahoo!ニュースをご覧ください。
このページのトップへ