トピックス

[ご紹介]新生児の難聴検査無料 福岡市、新年度から全額助成 早期発見、適切療育につなぐ|西日本新聞

西日本新聞より記事のご紹介です。

新生児千人当たり1、2人とされる先天性難聴を早期発見しようと、福岡市は4月から生後間もない赤ちゃんの耳の聞こえ具合を調べる「新生児聴覚スクリーニング検査」費用を全額助成するとの内容です。

検査の経済的負担をなくすことで、市は保護者に新生児全員の受診を促していく考えで、検査で異常が見つかった場合は、医療機関と情報共有しながら適切な療育につなげていくとのことです。

記事について詳しくは西日本新聞をご覧ください。

 

2019/2/21 木曜日 19:20:13 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

リオネットシリーズ新ブランド「プレミエンス」発売

本日2月20日、新製品「プレミエンス」を発売しました。

「プレミエンス」はリオネット独自のエンジンを搭載した「リオネットシリーズ」の高性能をそのままに、手軽さを追求して生まれたミドルモデルです。

 

オーダーメイド補聴器 5機種

耳かけ型補聴器 6機種

の11機種のラインアップです。

 

オーダーメイド補聴器はうち3機種がワイヤレス機能対応(オプション)、耳かけ型補聴器はうち3機種がワイヤレス機能に対応しています。

 

ぜひリオネットセンターで「プレミエンス」の聞こえをお試しください。

詳しい製品情報はここを↓クリック

PREMIENCE.jpg

 

お近くのリオネットセンターはこちらから

2019/2/20 水曜日 09:54:48 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]新宿駅西口 ソフトバリアフリー実証実験、大日本印刷などが手助けアプリの可能性を探る|鉄道チャンネル

鉄道チャンネルより記事のご紹介です。

新宿駅西口で行われるソフトバリアフリー実証実験「&HAND」についての記事です。

大日本印刷が主体となって実施し、LINEの公式アカウント「&HAND」を使って、そのとき、その場所で「助けてもらえたい人」と「助けたい人」をつなぐ壁を検証するもので、“心のバリア”をどう解消していくかがその狙いとのこと。

記事について詳しくは鉄道チャンネルをご覧ください。

2019/2/19 火曜日 09:46:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

本日より『耳の日フェア』開催

本日よりリオネットセンター各店では、耳の日フェアを開催いたします。

 

期間は本日2月18日(月)より3月16日(土)まで。

※ 戸畑店、大牟田店、大村店は3月15日(金)までとなります。ご了承願います。

 

耳の日フェアについて詳しくはこちら↓をクリック

miminohi.jpg

 

2月20日からは『リオネット補聴器発売70周年記念お客様感謝フェア』も同時開催!

詳しくはリオネットセンタースタッフまで。

2019/2/18 月曜日 09:16:53 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

井上順さんが「リオネット補聴器アンバサダー」に就任しました

タレント、歌手、俳優として幅広い分野で活躍されている井上順さんが「リオネット補聴器アンバサダー」に就任しました。

井上順さんは、15年ほど前に感音難聴と診断され、リオネット補聴器に出会われてからご愛用いただいているユーザーのお一人です。

このたび、井上順さんには、聞こえでお困りの方や補聴器装用をお考えの方へ、ご自身の体験やメッセージを発信する「リオネット補聴器アンバサダー」に就任いただくことになりました。

リオン株式会社ニュースリリースより)

 

リオネット補聴器アンバサダー 井上順さん特設ウェブサイトも公開中です。

https://www.rionet.jp/ambassador/index.html

 

 

2019/2/15 金曜日 15:09:33 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]若者11億人に難聴リスク WHOが音楽機器使用に基準|朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルより記事のご紹介です。

スマートフォンやMP3プレーヤーで大音量で音楽を聴く若者の増加を懸念し、世界保健機構(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は、音楽再生機器の使用に関する国際基準を公表したとの内容です。

記事について詳しくは朝日新聞デジタルをご覧ください。

2019/2/14 木曜日 18:14:26 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]風疹で娘が難聴「防げた」 実話に基づく演劇で予防訴え|朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルより記事のご紹介です。

妊娠中に風疹になり、娘が難聴を抱えることになった母親が、予防接種の大切さを広めようと演劇の公演を企画したとの内容です。

「大切な人を悲しませないため、風疹について知ってほしい」と訴えているとのことです。

記事について詳しくは朝日新聞デジタルをご覧ください。

2019/2/13 水曜日 09:00:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]川崎市議会、審議を即時に文字化 聴覚障害者、傍聴しやすく|日本経済新聞

日本経済新聞より記事のご紹介です。

川崎市議会は本会議場での発言内容を音声認識システムでリアルタイムに文字情報化するシステムを導入したとの内容です。

クラウド上の人工知能(AI)を使った音声認識で文字化した内容を、傍聴席前方に設置した40型液晶モニターに表示し、聴覚障害者や高齢者が傍聴しやすいようにするとのことです。

市議会事務局は「オペレーターが文字を入力して表示している地方議会などはあるが、AIを活用した音声認識でモニターにリアルタイム表示するのは全国初」と説明しているそうです。

記事について詳しくは日本経済新聞をご覧ください。

2019/2/12 火曜日 20:28:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]ボール抱えて音を体感 聴覚障害者がライブ楽しむ|北海道新聞

北海道新聞より記事のご紹介です。

国内アーティストが日替わりで出演する「ハードロックファミリーライブ」が4日から札幌市で開かれたとの内容です。

聴覚障害者も招かれ、音を振動や色に変えるボールを満喫しているとのこと。

音楽の大きさやリズムを振動で、音の高さを色で表現しているのだそうです。

記事について詳しくは北海道新聞をご覧ください。

2019/2/9 土曜日 21:32:29 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]音声解説 文字に変換 美術館で初の実証実験 筑波技術大「障害者も鑑賞楽しんで」|読売新聞

読売新聞より記事のご紹介です。

筑波技術大の研究グループが、解説員の説明を即時に文字に変換してスマートフォンなどに表示するシステムの実証実験を水戸市の県近代美術館で行ったとの内容です。

聴覚障害者らに文化施設のガイドツアーなどを楽しんでもらおうと開発中で、現場での実験は初。

今後内容をわかりやすくするための文字の表示方法や、雑音が多い環境でもシステムを使えるかどうかなど検証していくとのことです。

記事について詳しくは読売新聞をご覧ください。

 

2019/2/7 木曜日 13:00:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |