リオネット補聴器九州・山口で補聴器のことなら
認定補聴器専門店のリオネットセンターへ
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店|リオネットセンターの補聴器情報発信サイトKIKOERU(きこえる)

092-281-5361
0120-79-1133092-281-5361

認定補聴器技能者 松井 祐介(平成26年2月取得)

松井 祐介

補聴器の会社に入ったきっかけは?

ハローワークの求人票を見て応募致しました。
面接場所の案内をいただき、家から徒歩も5分かからない場所に会社があることが分かり、運命を感じました。

補聴器販売に携わるうえで苦労することは?

お客様によって聞こえ方は違います。感じ方、表現の仕方も変わります。
色々とご質問をさせていただいたり、測定をさせていただいたりすることで、その差を埋めることができるように意識しながら業務に臨んでいます。

お客さまと接するうえで気をつけていることは?

『来られた時よりも笑顔で帰って頂けるように!』です。
お客様から『調子がいい!』といわれた時でも、『こうしたらもっと聞こえるのでは?』と思えば、積極的にご提案するようにしています。
上手くいかない内容と状況などをお話しの中から探し、できるだけ原因をはっきりさせて調整するようにしています。

今まで補聴器を販売してきた中で、一番心に残っていることは?

ひとつに絞るのはやはり難しいです。
ただ、補聴器の販売に携わる中で一番充実感を得られる瞬間は、『ありがとう!』といっていただける瞬間です。

認定補聴器技能者になって良かったことは?

販売に携わる中で『資格はもっていますか?』と聞かれることがありましたが、その際は『今はまだ資格を取っている途中で…。』と濁すことが多かったのですが、今度聞かれたときには
『はい!!』と答えることができることです。

試験を受けたときの感想

選択式の問題はそうでもありませんでしたが、記述式の問題は見直すのが大変でした。終わった後は、何も考えませんでしたが、結果が分かる年末までそわそわしていました。

これから技能者を目指す人に一言

勉強内容のなかには、実務上普段の接客や調整に活かせる内容もあります。技能者になるためではなく、『お客様により満足して頂けるため』の勉強をしていただければと思います。
このページのトップへ