リオネット補聴器九州・山口で補聴器のことなら
認定補聴器専門店のリオネットセンターへ
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店|リオネットセンターの補聴器情報発信サイトKIKOERU(きこえる)

092-281-5361
0120-79-1133092-281-5361

認定補聴器技能者 熊澤正二(平成12年2月取得)

熊澤正二

補聴器の会社に入ったきっかけは?

今までの自分に全く関係のない世界に入ってみようと思いました。出来上がった商品を右から左に販売するというだけではない仕事に就きたいとも思いました。今はそれがいかに難しいことであるのかを実感しています。
 

補聴器販売に携わるうえで苦労することは?

多くのお客様には、補聴器を装用するようになってお話が楽になったと喜んでいただいていますが、補聴器には限界があり、「どうしても言葉が聞き取れない」というお客様がいらっしゃるのも現実です。その訴えを完全に解消して差し上げられないことが、苦労というより気掛かりで、むずかしいところでもあります。
 

お客さまと接するうえで気をつけていることは?

ご高齢の方が多いため、専門用語を使わず、わかりやすい言葉に置き換えてご説明しています。補聴器のフィッティングはいうまでもありませんが、装用の仕方に時間を取り、補聴器をご自分のものにしていただけるまで、一緒に練習していただいています。
 

今まで補聴器を販売してきた中で、一番心に残っていることは?

なかなか補聴器が合わなくて、お役に立てなかったお客様の調整がうまくいった時はもちろんで、これは補聴器販売に携わる誰もが感じる喜びです。お客様は、ひとりひとり、聞こえや生活環境も違います。日々、色々な方にお会いし、そのご家族の方とも親しくしていただくこともあります。一番ということはなく、今日はどんな方に出会い、その方のためにどんな仕事が出来たのか?に尽きると思います。
 

認定補聴器技能者になって良かったことは?

これといった資格を持っていない私が、こうして技能者という資格を持つことで、自信を持ち、責任を感じるようになりました。
 

試験を受けたときの感想

補聴器を販売するために直接必要な知識だけではなく、臨床や音声・言語など専門分野からの出題もありますので、非常にむずかしかった印象があります。
 

これから技能者を目指す人に一言

非常に特殊な資格だと思います。ですが、補聴器を販売するためには、欠かすことのできない資格でもあります。日々、お客様のために行っていることではあまり触れることのない専門分野の知識を勉強することで、資格を得ることが出来、自己の向上にも繋がります。
このページのトップへ