リオネット補聴器九州・山口で補聴器のことなら
認定補聴器専門店のリオネットセンターへ
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店|リオネットセンターの補聴器情報発信サイトKIKOERU(きこえる)

092-281-5361
0120-79-1133092-281-5361

認定補聴器技能者 藤 一豊(平成16年2月取得)

藤 一豊

補聴器の会社に入ったきっかけは?

ハローワークで求人票を見つけたことがきっかけでした。補聴器に関しては全く未知の領域だったため、それが逆に興味をそそりました。
 

補聴器販売に携わるうえで苦労することは?

お客様の要望される補聴効果が得られにくい時です。お客様のお耳の状態や聴取環境・条件などによって、効果獲得の難しいケースが稀にあります。補聴器の性能は日々目覚ましい進歩を遂げていますが、すべての人のすべての問題を解決するには至っておらず、苦労といいますか悔しい気持ちになることがあります。
 

お客さまと接するうえで気をつけていることは?

お客様一人ひとりのお耳の状態は違っているため、常にお耳の健康状態に注意しています。そして必要とあらば、すぐにお客様・医療機関・販売店(リオネット)の連絡・連携が取れるようにしています。また、お客様の訴えをしっかりと正確にお聴きすることです。お客様それぞれで訴え方や表現が異なってくるため、注意深く正確にお聴きすることがより良いフィッティングとお客様満足度UPの第一歩だと考えています。
 

今まで補聴器を販売してきた中で、一番心に残っていることは?

今まで多くのお子様にも補聴器をフィッティングしてまいりましたが、その子達が立派に大きく成長して、元気に明るく過ごしている姿を見たときです。その姿が大変うれしく、目に焼き付いています。それと同時に、初めてのお子様に補聴器を合わせる時は緊張感と責任感を強く感じています。
 

認定補聴器技能者になって良かったことは?

認定補聴器技能者の認知度も上がってきており、お客様から在籍のお問い合わせを頂いた時はご安心いただいております。また、いつもご指導いただいております耳鼻咽喉科の先生方との連携強化にもなっており、私自身のさらなるレベルアップにつなげていきたいと考えています。
 

試験を受けたときの感想

想像していたより広範囲で専門的な問題が多く、戸惑った記憶があります。日頃から補聴器販売業務に携わり、広い分野の知識と経験を養うべきだなぁと試験を受けながら考えていました。
 

これから技能者を目指す人に一言

お客様にとって認定補聴器技能者が増えていくことは大いに歓迎されることと思います。技能者取得は個人資格ではありますが、お客様のためでもあることを忘れずに、大いに頑張って技能者の一員になってほしいと思います。そして、大いにお客様へ還元していただけたらと思います。
このページのトップへ