リオネット補聴器九州・山口で補聴器のことなら
認定補聴器専門店のリオネットセンターへ
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店|リオネットセンターの補聴器情報発信サイトKIKOERU(きこえる)

092-281-5361
0120-79-1133092-281-5361

認定補聴器技能者 吉丸 慶一(平成16年2月取得)

吉丸 慶一

補聴器の会社に入ったきっかけは?

福祉に関わる仕事で、何か自分でも役に立てるのかなと思ったからです。
 

補聴器販売に携わるうえで苦労することは?

補聴器について、どの様にしたら分かり易くご案内・ご説明できるかに関して苦労しています。補聴器の効果も個人差があり、お悩みも千差万別・・・。お客様の貴重なお時間を無駄にしない様に、常にわかりやすい説明をする事を心がけていますが、専門用語も多いのでなかなか難しいですね。
 

お客さまと接するうえで気をつけていることは?

お客様の気持ち・立場に立ってイメージする事を一番気をつけています。 日常の聞こえに関するお悩みを話して頂き、今後の解決方法をお客さまと一緒に話し合うことに多くの時間を費やす事を心掛けています。
 

今まで補聴器を販売してきた中で、一番心に残っていることは?

補聴器に携わって駆け出しの頃ですが、生まれて初めて補聴器を販売した時です。店長・先輩社員の方々の力を借りての販売でしたが、その日は色々な思いが交錯(お客様に喜んで頂けたかな?とか、失礼な言葉はなかったかな?等々)してなかなか寝付けなかった事です。
 

認定補聴器技能者になって良かったことは?

ご紹介頂いている耳鼻咽喉科の先生方や、医療機関の方々から安心て患者様を紹介出来るとの言葉を頂きご信頼を頂けた事。また認定補聴器技能者証をお店に掲示していますが、ご来店頂いたお客様から「安心の証ですね」とのお言葉を頂いた事です。
 

試験を受けたときの感想

試験時間ギリギリまで考え続けていました。試験を終えた方がどんどん退席する中、結局時間最後まで残って終わらせた記憶があります。
 

これから技能者を目指す人に一言

補聴器を携わる上での初心を思い出して欲しいと思います。試験に合格して技能者になる事も大事な事ですが、何のために技能者になっていくかを忘れないで欲しいと思います。聞こえにお困りのお客様の立場に立ち解決に導く個性ある技能者になって頂ければと思います。
このページのトップへ