[ご紹介]来場者を手話でお出迎え 埼玉西武ライオンズ、障害ある児童ら招待|東京新聞

東京新聞より記事のご紹介です。

プロ野球の埼玉西武ライオンズは、17日本拠地のメットライフドームで行われた日本ハム戦を、障害のある子どもたちとの交流を支援する「スペシャルデー」と位置付け、来場者を手話で出迎えるなどのイベントを実施したとのことです。

7月に施行された所沢市の「障害のある人もない人も共に生きる社会づくり条例」に歩調を合わせた試みで、西武には先天性難聴のある山田遥楓(はるか)選手が在籍し、日本ハムにも同じ障害のある石井裕也選手がいることから、同カードがスペシャルデーに選ばれたとのことです。

記事について詳しくは東京新聞をご覧ください。

2018/8/18 土曜日 12:47:39 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |