[ご紹介]災害弱者の対応確認 つくばで救護訓練 聴覚障害者ら初参加|茨城新聞

茨城新聞より記事のご紹介です。

大規模災害時にけが人に優先順位を付けて救護する日本赤十字社 県支部主催の医療救護訓練が、つくば市で開かれたとの話題です。

聴覚障害者や外国人ら災害弱者と呼ばれる人たちが初めて参加し、手話通訳士や語学通訳のボランティアらが医療スタッフとともに対応を確認したとのことです。

記事について詳しくは茨城新聞をご覧ください。

2018/7/10 火曜日 09:58:36 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |