[ご紹介]カメラ使い手話通訳 聴覚障害者に対応 福岡・ガンツ不動産|毎日新聞

毎日新聞より記事のご紹介です。

不動産仲介のガンツ不動産(福岡市)は、聴覚障害者向けに遠隔の手話通訳サービスを利用した物件紹介業務を始めたとの内容です。コンサルティング会社 ミライロのサービスを不動産会社が利用するのは初めてとのこと。

聴覚障害の大学新入生ら賃貸物件への入居需要は一定程度あり、ガンツの森田光俊社長は「聴覚障害者への接客を当たり前のことにしたい」と話しているそうです。

記事について詳しくは毎日新聞をご覧ください。

2018/6/23 土曜日 17:30:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |