[ご紹介]受動喫煙で子の聴覚障害リスクが2.35倍に|あなたの健康百科

あなたの健康百科より記事のご紹介です。

京都大学大学院の川上浩司教授らの研究グループが、妊娠中の母親の喫煙や出産後の受動喫煙が子供の聴覚障害リスクを上昇させることをPaediatr Perinat Epidemoi1に報告したとの内容です。

研究グループは2004年~10年に生まれた5万734人の子供の母親に対して、喫煙や子供の受動喫煙の状況についてアンケートを行い、妊娠中の母親の喫煙と生後の受動喫煙で子供の10.3%に聴覚障害があったとしています。

記事について詳しくはあなたの健康百科をご覧ください。

2018/6/26 火曜日 09:20:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |