認定補聴器技能者インタビュー

認定補聴器技能者 門司 聡(平成29年4月取得)

門司 聡
門司 聡
(平成29年4月取得)
補聴器の会社に入ったきっかけは?
知人の紹介です。使う人と深く関わるお仕事、と聞いて興味がわきました。
補聴器販売に携わるうえで苦労することは?
お客様自身の聴こえという感覚的なものを正確に聞き取り、対策をすることは難しく、いつも苦労しています。同じような聴力データの方でも、同じフィッティングが通じるとは限りません。お客様の生活環境、感覚、性格なども考えつつ、最適解を探していくのは難しいといつも感じています。
お客さまと接するうえで気をつけていることは?
接客の基本ですが、笑顔で明るく!硬くなり過ぎない様に、雑談なども交えながらリラックスした雰囲気を心がけています。
今まで補聴器を販売してきた中で、一番心に残っていることは?
最初は補聴器を着けるのを嫌がっていた方が、少しずつ補聴器に抵抗が無くなっていって、修理のためにお預かりすることになった時に「無いと困るから早く直してね!」と言われたことです。自分の販売したものが、その方の役に立っている、ということが実感出来て、とても嬉しかったことを覚えています。
認定補聴器技能者になって良かったことは?
資格を持っている、というとお客様に安心していただけることです。
試験を受けたときの感想
終わった直後はやるだけやった、という感覚がありましたが、結果発表までの期間中、逆にだんだん不安になってきて、自分だけ落ちてたらどうしよう、と思いながら毎日ポストを覗いていました。
これから技能者を目指す人に一言
座学での勉強はもちろんですが、実際にお客様に接したり、補聴器を自分で触ってみたりすることで得られる知識も沢山あります。技能者になって終わり、ではないので、技能者取得の為、ではなく業務に生かしていく為の勉強と思った方がいいと思います。

>>過去の認定補聴器技能者インタビューはこちら