軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度とは

公的給付ページでご紹介している通り、身体障害者手帳をお持ちの難聴児・者の方々には、障害者総合支援法に基づく補装具費(補聴器の購入費)の助成を受けられる制度が整備されています。
その一方、身体障害者手帳の交付対象とならない比較的軽度の難聴をお持ちの方々にはその助成がないことから、近年児童の言語発達の機会を損なわないよう、また高齢者においては生活の質の向上等を鑑み、自治体による独自の助成制度の整備が全国的に広まってきています。

山口・九州地区で軽度・中等度難聴児・者への独自の助成制度を行っている自治体

山口県内の市町

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:軽度・中等度難聴
助成金額:基準額の範囲内において、補聴器購入費または修理費の3分の2を県と市町が負担
>>山口県ホームページ

>>自治体一覧はこちら

福岡県内の市町村(政令指定都市を除く)

対象年齢:18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが原則30dB以上70dB未満
助成金額:補聴器購入費等として必要と認める額に3分の2以上を乗じた額を助成
>>福岡県ホームページ

福岡県北九州市

対象年齢:新生児聴覚検査で聴覚障害が発見された児童
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:原則として総合支援法高度難聴用補聴器(イヤモールド付)を支給

福岡県福岡市

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:上限額 片耳50,000円 1割自己負担
>>福岡市ホームページ

>>自治体一覧はこちら

佐賀県

対象年齢:18歳以下
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:基準価格と補聴器購入費のいずれか低い額の3分の2の額
>>佐賀県ホームページ

>>自治体一覧はこちら

長崎県

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:購入費用と基準価格を比較して少ない額の3分の2
>>長崎県ホームページ

>>自治体一覧はこちら

熊本県内の市町村

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:基準価格の範囲内で、補聴器購入費の3分の2を限度に助成
>>熊本県障がい福祉ホームページ
「障がい福祉のしおり 2.(18)聴覚障がいのある児童に対する補聴器の助成」

>>自治体一覧はこちら

大分県大分市

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:基準価格に対して2/3を助成
>>大分市ホームページ

大分県別府市

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:基準価格に対して2/3を助成

大分県佐伯市

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:補聴器購入費及び修理費の3分の2
>>佐伯市ホームページ

>>自治体一覧はこちら

宮崎県

対象年齢:18歳以下
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:補聴器の購入、更新又は修理に係る経費について基準額の3分の2
>>宮崎県ホームページ

>>自治体一覧はこちら

鹿児島県内の市町村

対象年齢:18歳未満
対象聴力レベル:両耳の聴力レベルが30dB以上
助成金額:基準価格に対して3分の2を助成(県1/3 市町村1/3)
基準額を上回る額は自己負担。
>>鹿児島県ホームページ
「保健福祉行政の概要:第7事業概要1-4障害者等が安心して暮らせる地域社会づくり」

>>自治体一覧はこちら

九州リオン(株)調べ/2016年10月更新

ここに掲載された情報は、各自治体が行う助成制度の概略をまとめたものです。これ以外にも自治体によって様々な条件がある場合がありますので、助成制度の有無、助成の対象条件など詳細についてはお住まいの自治体へお問い合わせ下さい。

障害者総合支援法に基づく助成制度についてはこちら