福岡県:博多店  香椎店  大橋店  姪浜店  糸島店  二日市店  甘木店  飯塚店  久留米店  小倉店  黒崎店  曽根店  門司店  戸畑店   | 佐賀県:佐賀店  武雄店   | 長崎県:長崎店  佐世保店  諫早店 | 熊本県:熊本店  玉名店 | 宮崎県:宮崎店  都城店 | 鹿児島県:鹿児島店 | 山口県:下関店  柳井店  周南店

ようこそ香椎店の高見です(^_^)

2008/8/12 火曜日 15:12:36 香椎店|個別ページコメント (0)|カテゴリ:香椎店のブログ

福岡市の東の副都心香椎にリオネットセンター香椎がオープンしたのは、2001年2月3日のとても寒い『節分の日』でした。それから7年と6ヶ月地元のお客さまに可愛がっていただけるお店になって参りました。福岡の東エリアのDrにご指導を賜り、また可愛かったお子様が青年や大人に成長なさったり、人生の大先輩のお客さまに色々と教えていただいたりでこの香椎店もスタッフも成長してこれたと思います。香椎店を取り巻く皆様に大感謝です。

さて、これからは私の自己紹介です。会社の中では先輩の女性が少なくなりふと気が付くとかなりなお局様ポジションになっていました。何故か社長にまで高見姉さんと呼ばれ・・・・・そんなぁ私はずーーーーーーっと年下でしょ!!と腑に落ちない思いです。

好きなことは美味しいものを食べたり飲んだりすること。新製品に弱く知らないものへの好奇心はかなり大です。美味しくて高い(お値段です)のは当たり前、安くて美味しいお店なんか発見すると幸せです。これからはそういったお勧めのお店や食についてブログを発表していく予定です。飲み食いだけではなく活字離れの昨今、活字もかなり好きで敬愛する作家は椎名誠さんです。椎名さんに関わることも私の人生の大きな幸せを占めていますからこちらも発表します。この飲み食いネタと椎名ネタは沢山用意しておりますのでどうぞお楽しみに!!!活字に関しては椎名さんだけではなく、ミステリーからノンフィクション面白本についても紹介したいと張り切っています。

そうそう、大切なのはお客さまと香椎店のつながりです。それもきちんと正しくご紹介いたしますのでこちらもどうぞ宜しくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

リオネットセンター周南の相澤です

2008/8/11 月曜日 19:51:52 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:周南店のブログ

皆さまこんにちわ!

リオネットセンター周南店の店長の相澤彰治です。

男盛りの43歳で、チャームポイントはカモシカのような足と、

笑うと出来るエクボです。

びっくりしたときの顔が西川きよしに似ているとよく言われます。

周南店の近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

スタッフ一同お待ちしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

みなさんこんにちは!

2008/8/11 月曜日 19:40:49 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:筑紫野店のブログ

みなさんこんにちは!

リオネットショップ筑紫野店店長の永田と申します。

筑紫野店は私と女性スタッフ1人、そして愛犬の3人(?)で

頑張っています。

少しでも筑紫野店の魅力がお伝えできるよう、

頑張ってブログを書こう!と思っています。

よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

リオネットセンター門司の店長の吉丸です

2008/8/11 月曜日 19:26:25 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:門司店のブログ

はじめまして!

リオネットセンター門司の店長の吉丸と申します。

リオネットセンター小倉の店長もさせていただいております。

楽しいスタッフに助けられ、2店舗の間を走り回っています。

門司のお店はアットホームな感じで、お客さまに寛いでいただけると思います。

小倉と門司のお店に共通しているのは、商店街の中にあるということです。

活気のある商店街に負けないように元気に頑張っていこうと思います。

ブログもちょくちょく更新していく予定ですので、

どうぞよろしくお願いいたします。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

小倉店店長の吉丸です!

2008/8/11 月曜日 19:20:56 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:小倉店のブログ

皆さんこんにちわ!

リオネットセンター小倉店店長の吉丸慶一と申します。

初ブログで少し緊張しています。

楽しく仕事し、かわいい2人の子どもに癒される毎日です。

これから仕事のことやプライベートなことをブログに少しずつ

書いていこうと思っていますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

はじめまして

2008/7/14 月曜日 09:34:49 下関店|個別ページコメント (0)|カテゴリ:下関店のブログ

リオネットセンター下関の竹本英樹です。

北九州市門司区で生まれ、現在は小倉南区から関門海峡を毎日渡って通勤しています。

下関店は15周年を迎え、私は開設時から関わらせていただいております。

・・・途中に2回ほど転勤がありましたが。

今後ともよろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

はじめまして!

2008/7/8 火曜日 13:39:00 編集室|個別ページコメント (2)|カテゴリ:久留米店のブログ

みなさま、はじめまして!

リオネットセンター久留米の矢野真澄と申します。

久留米生まれの久留米育ち。

生粋の久留米っ子です。

リオネットセンター久留米に配属になってから、はや12年が経ちました。

優しくて温かいお客様に囲まれ、毎日すくすくと育っています。

少々育ちすぎてしまい、最近ではお客様から「太ったねー」と

お褒めの(?)言葉を毎日のようにいただいています。

・・・多少ダイエットに取り組もうかと考えている今日この頃です。

さて、現在リオネットセンター久留米は7名のスタッフで頑張っております。

4月より新メンバーとなり、若さ溢れるお店となりました!

スタッフ全員、全力で皆さまのきこえのお手伝いをさせて頂きますので、

気になることなどがありましたら、どんなに小さなことでもご相談ください。

おいしい八女茶をご用意してお待ちしております。

これからブログを通して、補聴器のこともそうでないことも

たくさんお伝えしていきたいと思いますので

お付き合い、よろしくお願いいたします。

長崎と諫早

2008/7/7 月曜日 17:17:42 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:諫早店のブログ

こんにちは。

7月より、リオネットセンター諫早の店長となりました藤一豊と申します。

私はリオネットセンター長崎の店長も兼任しております。

これから、2店舗のたくさんのお客様のご要望にお応えするべく

頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、ブログは随時更新して参りますので、

長崎店のブログもぜひ一緒にご覧下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

戸畑と黒崎

2008/7/7 月曜日 17:13:48 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:戸畑店のブログ

はじめまして。

リオネットセンター戸畑の店長の熊澤です。

実はリオネットセンター黒崎の店長も兼務しております。

ブログは黒崎にも書いていますので、ぜひご覧下さい。

これからよろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~

趣味ブログ

2008/7/7 月曜日 16:44:31 編集室|個別ページコメント (0)|カテゴリ:黒崎店のブログ

はじめまして。

リオネットセンター黒崎店長の熊澤です。

(実はリオネットセンター戸畑の店長でもあります)

このブログでは、音楽と本がなくては生きていけない私が、

お勧めの曲や本や映画を紹介していきたいと思っています。

第1回目は私の読書遍歴から。

○高校まではほとんど読書とは縁のない生活を送る。

大学時代に突如として読書に目覚め、

 「やっぱりこれしかない」と

三島由紀夫「金閣寺」「仮面の告白」「午後の曳航」を読み始めるも

理解できずにすぐにやめる。

○純文学の流れで、石川達三の「青春の蹉跌」

(ショーケン主演の映画の影響大)や遡って

夏目漱石「こころ」や武者小路実篤「友情」などを読むが、

自分の柄じゃないことに早々に気づき、推理小説に走る。

○いわゆる社会派の推理小説、

松本清張や森村誠一(松田優作出演の映画「人間の証明」の影響大)

を読み漁り、ネタが尽きたので推理小説の流れで

不覚にも当時流行っていた赤川次郎や西村京太郎などの軽めの作品に手を出す。

○軽めの作品に飽き、歴史物に手を染める、

歴史物といっても幕末物が主で、

司馬遼太郎「竜馬がゆく」は今日に至るまで、

私の読んだ本の中で1、2を争う作品であると思っています。

○浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」を読み号泣、

以後今日に至るまで浅田作品を読むといつも泣く。

「蒼穹の昴」は中国、清の時代の宦官を描いた大作で、

これまた1、2を争うマイフェイバリット。

○推理小説の刺激が忘れられず、島田荘司はじめ、

いわゆる新本格派ミステリーと呼ばれる人たちの作品群を読み出す。

島田作品「占星術殺人事件」はこのジャンルで最高傑作。

新本格派ミステリー作家には、

綾辻行人、有栖川有栖、法月綸太郎などがいます。

以上がザッとした私の読書遍歴です。

これからはもっと掘り下げて紹介していきますので、

興味のある方は楽しみにしてください。

それではまた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

~補聴器のご相談はリオネットセンター各店へ~