KIKOERU運営スタッフより補聴器に関連するトピックス情報をお届けいたします。

[ご紹介]「香川手話フォーラム 「聴覚障害者も宇宙へ」JAXAの春日さん講演|毎日新聞

少し前の記事ですが、毎日新聞よりご紹介します。

聴覚障害者や手話への理解を深めてもらおうと2月に行われた「香川手話フォーラム」で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)広報部に勤めるろう者の春日晴樹さんが講演を行い、ろう学校出身者として初めて入ったJAXAでの仕事内容などを手話で紹介したとのことです。

国内外を1人で旅した経験を振り返り、「いろいろな人に出会う中で、聞こえないことを恥ずかしいと思わなくなった」と手話で話したそうです。

記事について詳しくは毎日新聞をご覧ください。

2018/3/19 月曜日 09:11:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

「耳の日フェア」終了のおしらせ

糸島店を除くリオネットセンター各店で2月19日から行っておりました「耳の日フェア」は、本日3月17日をもって終了となりました。

多くのお客様のご来店、誠にありがとうございました。

 

また店頭で募集しました「補聴器川柳」へもたくさんご応募をいただき、ありがとうございました。

補聴器川柳の受賞作品の発表は4月中旬を予定しております。

こちらもどうぞお楽しみ!

2018/3/17 土曜日 18:30:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]風化防止へ思い新た|YOMIURI ONLINE

YOMIURI ONLINEより記事のご紹介です。

東日本大震災から7年を迎えた11日、三重県でも犠牲者の追悼式などの行事が各地で行われたとのことです。

鈴鹿市の市文化会館ではみみの日記念第4回手話フェスティバル(県聴覚障害者協会主催)が開かれ、震災直後、聴覚障害者救援の活動に従事した、仙台市の手話通訳士 宮沢典子さんが、被災直後の聴覚障害者について語り、災害への備えの大切さを訴えたとのことです。

記事について詳しくはYOMIURI ONLINEをご覧ください。

2018/3/17 土曜日 09:24:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]耳に大ダメージ「電車でイヤホン」に要注意 耳鳴りがしたら難聴のサイン|SankeiBiz

SankeiBizより記事のご紹介です。

騒音による内耳障害を原因とする難聴や耳鳴りなどについての話題です。

テレビもラジオもなかった時代の人間と私たち現代人が1日に聞いている音の総量や大きさはかなり違うといい、どのような場面で耳に負担がかかっているかなども紹介されています。

記事について詳しくはSankeiBizをご覧ください。

2018/3/16 金曜日 08:47:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]認知症に正しい理解を 肥前医療センターで講演、上映会|佐賀新聞

佐賀新聞より記事のご紹介です。

認知症への理解を深める講演会と映画上映会が、吉野ヶ里町の肥前精神医療センターで開かれたとの内容です。

高血圧や肥満、たばこなどに加えて難聴も、認知症に繋がる危険因子の一つとして、それを制御することで一定程度の認知症予防が可能であることも説明されたとのことです。

記事について詳しくは佐賀新聞をご覧ください。

2018/3/15 木曜日 09:06:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]聴覚障害者と交流、ビーチバレー教室|大分合同新聞

大分合同新聞より記事のご紹介です。

聴覚障害者との交流を目的をしたビーチバレーボールスクールが21日、別府市の餅ヶ浜ビーチで行われるとの内容です。

市バレーボール協会や日本デフビーチバレーボール協会などでつくる実行委員会の主催で、聴覚障害者スポーツの国際大会「デフリンピック」の日本代表選手2人も来場し、一緒に体験しながら競技の魅力を伝えるとのことです。

記事について詳しくは大分合同新聞をご覧ください。

2018/3/14 水曜日 09:19:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]「個性」武器に独自の視点 障害のあるリポーター NHK初採用|産経ニュース

産経ニュースより記事のご紹介です。

9日開幕の平昌冬季パラリンピックで、NHKは2020年の東京大会を見据え、障害のあるリポーター3人を採用したとの記事です。

同局初の試みで、「個性」を武器に独自の視点から選手たちの活躍を伝えるとのことです。

記事について詳しくは産経ニュースをご覧ください。

2018/3/12 月曜日 09:53:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]凄腕つとめにん 細野枝美さん 補聴器を調整した回数、約8000回|朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルより記事のご紹介です。

リオン株式会社 補聴相談室長の細野枝美さんを取り上げた記事です。

リオネット補聴器がスポンサーとして活動をサポートしているプロボディーボーダーのYUMIEさんの補聴器を調整する様子なども紹介されています。

記事について詳しくは朝日新聞デジタルをご覧ください。

以前当KIKOERUサイトでも細野枝美さんにインタビューをさせていただきました。その時のインタビュー記事はこちらへ

2018/3/9 金曜日 09:36:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]モノクロで美しい…1927年のNY『ワンダーストラック』|シネマズ

シネマズby松竹より記事のご紹介です。

社会的マイノリティを持つキャラクターを描くことで定評のあるトッド・ヘインズ監督最新作、『ワンダーストラック』についての記事です。

『ワンダーストラック』は、1977年のミネソタに住む、母親を亡くした少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む、聴覚障害の少女ローズという2人の子供たちを主人公に、見失ってしまった大切なものを探しに旅に出るという2つの物語が交互に語られていくというもの。

モノクロでサイレント、カラーで音あり、という表現方法や、音のないパートに登場するキャストの多くにろう者の俳優を起用するなどといったところも注目ポイントのようです。

記事について詳しくはシネマズをご覧ください。

2018/3/8 木曜日 09:08:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]K-1 郷州が優勝宣言「難聴の子供たちに夢や希望を」|イーファイト

イーファイトより記事のご紹介です。

3月21日さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」で第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに出場する郷州征宜選手についての記事です。

生まれつき難聴のハンデを持つ郷州選手は3月3日、同じ境遇の子供たちを招き直接指導を行ったとのこと。

トーナメントでは、自分と同じ耳が聞こえない子供たちも応援に来てくれるので、夢や希望を与えるために絶対に優勝したいと力強く優勝宣言したとのことです。

記事について詳しくはイーファイトをご覧ください。

2018/3/7 水曜日 09:37:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |