KIKOERU運営スタッフより補聴器に関連するトピックス情報をお届けいたします。

[ご紹介]髪の震えで音伝達「オンテナ」、字幕流す眼鏡も…耳の不自由な人に「観劇機器」|ヨミドクター

読売新聞の医療サイト ヨミドクターより記事のご紹介です。

障害や高齢などで耳が不自由な人が舞台鑑賞や映画を楽しめるよう、音を文字や振動に変えて伝える機器の開発が民間で進められているとの内容です。

眼鏡型で装着すると目線の下の方に文字が浮かび上がって見える「字幕グラス」の活用が期待されており、あらかじめ台本を専用のコントローラーに読み込ませ、役者の声や音楽に合わせて、自動的にセリフや歌詞などを字幕で流すとのことです。

また髪の毛を震わせることで音を伝えるユニークな機器も開発されているそうです。

記事について詳しくはヨミドクターをご覧ください。

2018/4/17 火曜日 14:38:32 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]サッカーに壁はない 障害者と楽しむ|カナロコ

カナロコより記事のご紹介です。

聴覚、知的障害者、健常者がともにサッカーを楽しんで理解を深めるイベント「第17回USFデフリーグ大会」が富士通スタジアム川崎で開催されたとの内容です。

サッカーを通じて交流できる場をつくろうと東日本ろう者サッカー協会が企画したもので、練習場所やコーチの確保など取り巻く環境は厳しい中で、新たな障害者スポーツの形を模索しているとのことです。

記事について詳しくはカナロコをご覧ください。

2018/4/16 月曜日 19:01:58 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]難聴の新入生支え合い 入学式で要約筆記|佐賀新聞LiVE

佐賀新聞LiVEより記事のご紹介です。

小城市の小城高校で10日開かれた入学式で、難聴の生徒や参観者に配慮して要約筆記が取り入れられたとの内容です。式辞の内容や担任紹介などを文字にしてスクリーンに投影。

始業後も生徒や保護者、医療機関などと連携して必要な手立てを検討していくとのことです。

記事について詳しくは佐賀新聞LiVEをご覧ください。

2018/4/13 金曜日 09:10:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]動く手話方言集 聴覚障害の大学教授ら、100語分を作成中|毎日新聞

毎日新聞より記事のご紹介です。

各地で異なる手話の「方言」を動画で集め、都道府県ごとにデータベース化するプロジェクトが進んでいるとの内容です。

100の単語を選び、地域や世代ごとの手話表現をインターネット上で公開。地域で発展した手話を記録して後世に残すとともに、通訳者の養成現場などでの活用も目指すとのことです。

記事について詳しくは毎日新聞をご覧ください。

2018/4/12 木曜日 10:24:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

リオネット補聴器発売70周年

リオン株式会社が1948年5月に国産初の量産型補聴器「H-501」を発売し、今年2018年は、リオネット補聴器発売70周年を迎えることとなりました。

これも多くのリオネット補聴器ご愛用者の皆様のおかげと御礼申し上げます。

今後ともリオネット補聴器のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

rionet70th.jpg

2018/4/9 月曜日 10:42:27 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]聴覚障害者のサッカーチーム、企業が支援 埼玉|朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルより記事のご紹介です。

埼玉県 聴覚障害者 サッカー部と入間ガス(入間市)が、オフィシャルパートナー契約を結んだとの内容です。

企業が正式に聴覚障害者サッカーチームを支援するのは全国的にもまれだとのことです。

記事について詳しくは朝日新聞デジタルをご覧ください。

2018/4/9 月曜日 10:20:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]高校での「通級指導」45都道府県で開始 文科省が調査|朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルより記事のご紹介です。

発達障害や弱視などの子どもさんが、通常の授業とは別の教室で障害の影響を和らげるために受ける「通級指導」の制度が今年度、高校でも始まるとの内容です。

通級指導は1993年度に小中学校で制度化され、普段は通常の授業を受けるものの、言語障害や学習障害、弱視や難聴などのある子どもが学びや人とのコミュニケーションなどに感じる困難を改善するため別の教室で個別指導を受ける仕組み。

高校は義務教育ではなく入試に合格した生徒が通うこともあり、通級指導は長く導入されなかったとのことです。

記事について詳しくは朝日新聞デジタルをご覧ください。

 

2018/4/7 土曜日 09:47:49 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

言葉が聞き取りにくい方とお話しする時は・・・本田望結さんからのメッセージ

リオネット補聴器イメージキャラクターの本田望結さんより、言葉が聞き取りにくい方とお話しする時に心掛けていただきたいことをメッセージとしてお伝えしています。

ぜひご覧ください。

2018/4/4 水曜日 10:46:24 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

リオネット補聴器 新テレビCMのご紹介「一緒にお料理」篇

4月よりリオネット補聴器の新しいテレビCMの放映が始まります。

リオネット補聴器イメージキャラクター本田望結さんを起用し、何気ない日常の音が聞こえることや、補聴器をずっと使い続けていただきたいリオネット補聴器の思いを、本田望結さんとおばあちゃんの日常を通して描いています。

ぜひご覧ください。

 

リオネット補聴器「一緒にお料理」篇

 

テレビ朝日系列 「徹子の部屋」の毎週木曜日の放送番組枠内で放映されます。

番組公式サイト http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

2018/4/3 火曜日 09:52:19 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |

[ご紹介]デフサッカー 競技通じ交流 山口・九州の80人参加 手話歌やミニゲームも|毎日新聞

毎日新聞より記事のご紹介です。

聴覚障害者らが参加する「山口・九州ろう者サッカー選手権大会」が下関陸上競技場で開かれたとの話題です。

今年で23回目の歴史ある大会で、福岡、熊本など県内外から約80人が参加したとのことです。

記事について詳しくは毎日新聞をご覧ください。

2018/3/31 土曜日 12:20:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |