[ご紹介]NHK朝ドラで注目「ムンプス難聴」医師が説く唯一の回避策|日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイより記事のご紹介です。

今徐々に関心が高まりつつあるムンプス難聴についての記事です。

その背景には、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の主人公がムンプス難聴で左耳の聴力を失ったというストーリーがあり、そしてもう一つ、5月14日に17学会で構成される予防接種推進専門協議会から厚労省に出された、おたふくかぜワクチンの定期接種を求める要望書があるとのことです。

日本は先進国で唯一、おたふくかぜワクチンが定期接種化されておらず、予防接種率は30~40%と低いためおたふくかぜの大流行を招いているとのこと。おたふくかぜにはムンプス難聴という合併症があるということです。

記事について詳しくは日刊ゲンダイをご覧ください。

2018/5/29 火曜日 19:10:10 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |