[ご紹介]新生児聴覚スクリーニング検査 道内実施率は全国最低 難聴発見遅れで言語発達影響|毎日新聞

毎日新聞 地方版より記事のご紹介です。

生後間もない赤ちゃんの難聴発見につながる「新生児聴覚スクリーニング検査」について、北海道は2016年度に実施可能な医療機関が81.1%、そこでの実施率は73.0%と、共に都道府県で最低だったとのことです。

「新生児聴覚スクリーニング検査」実施の現状とその必要性について専門家などの話しを紹介する記事です。

詳しくは毎日新聞をご覧ください。

2018/2/3 土曜日 09:18:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |