[ご紹介]指文字で詠む「指文字百人一首」 新たな交流も|毎日新聞

毎日新聞より記事のご紹介です。

聴覚障害者でもかるたを楽しめるよう、指文字で“詠む”「指文字百人一首」についての記事です。

別府大学の手話サークルHELLOの下鶴賢太郎部長が考案したもので、「健聴者と聴覚障害者の交流にきっかけになるのでは」と期待しているとのことです。

記事について詳しくは毎日新聞をご覧ください。

2018/1/12 金曜日 09:38:38 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |