2017年度グッドデザイン賞受賞

img001.jpg

「リオネットシリーズ HB-A3・HB-A5タイプ」がグッドデザイン賞を受賞しました。

●「グッドデザイン賞」とは

グッドデザイン賞は、様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。 その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来約60年にわたって実施されています。その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、受賞数は毎年約1,200件、60年間で約44,000件に及んでいます。

公益財団法人日本デザイン振興会ホームページより

●審査委員による評価コメント(全文)

「使いやすさを精緻な設計で実現させた製品である。
機構を工夫して装着時でも操作しやすくフィードバックが得やすいスイッチ。 電池蓋も指先の感覚だけで位置を把握できるようにするなど、高齢者に対するきめ細かい配慮がなされている。
また、深みのある色と近接した2色によるツートーンなど、ユーザーに所有する満足感を提供しており、極めて丁寧に作り込まれていることが評価された。」

 

 

リオネット補聴器がグッドデザイン賞を受賞するのはこれで5回目となります。
これからも「リオネット」は『聴こえ』の喜びと感動をお客様とわかちあい、自信と輝きにあふれた毎日を約束するブランドとして、お客様に愛される補聴器づくりに取り組んでまいります。

「HB-A3AAタイプ」はこちら 「HB-A3ABタイプ」はこちら
「HB-A5AAタイプ」はこちら 「HB-A5ABタイプ」はこちら

グッドデザイン賞公式サイトはこちら

2017/10/30 月曜日 13:30:00 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:トピックス |