2012年09月

「環境騒音・振動セミナー2012」開催

2012/9/18 火曜日 17:19:10 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:KIKOERU編集室 |

先週14日(金)、「九州リオン環境騒音・振動セミナー2012」を行ないました。

これは騒音計、振動計、地震計などを扱う計測器部門のセミナーで、

毎年好評を頂き、お陰さまで今年24回目を迎えました。

   

150名を超えるご参加を頂きました。ありがとうございました!

kaijou.jpg

   

会場は福岡国際会議場の5階。

5階はロビーから博多湾が一望できるパノラマが広がっています!

補聴器のセミナーはいつも4階なので、5階に上がったことのない方は意外な光景にちょっとびっくりするかも。

hakatabay.JPG



この日は雨模様なのがちょっと残念でした・・・。

amemoyou.JPG

    

ロビーでは、機器展示を行ないました。

lobby.JPG



当社で開発製作した「騒音振動レベル表示板」に

hyoujiban.JPG

これ↓は防水性能を搭載した「騒音計」で、

実際に水をかけて急な雨に濡れても大丈夫ですよ~!というご紹介。

waterproof.JPG



地震の震度を計測する「地震計」はこういう↓機械なのだそうです。

なかなか目にする機会がありませんよね。

jishinkei.JPG

    

そして、補聴器も隅っこに展示させてもらいました。





displaybooth1.JPG

マジェスとおしらせらんぷを展示しましたが、

補聴器の展示ブースにも立ち寄ってくださる方もいらっしゃいました。

majesandba05-1.JPG

soudan.JPG

ありがとうございました~。

   

補聴器のお客様には、

当社が「騒音計」、「地震計」などを扱っていることを知られていないことが多く、

反対に計測器のお客様には、「補聴器」を扱っていることをあまり知られていないので、

少しでも多くの方に九州リオンを知って頂ける良い機会でした!

台湾出張レポート届く

2012/9/12 水曜日 10:03:50 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:KIKOERU編集室 |

九州リオンには、補聴器など聞こえに関する製品をご案内するリオネットセンターの他に、

騒音計や振動計、地震計、微粒子計などを扱う部門があります。

それらのメンテナンスなどを担当する技術部の吉田部長より、台湾出張レポートが届きました!

    

―――――

   

台湾へ行ってきました。もちろん仕事です。

Amity社(リオンの台湾代理店)のスタッフと記念撮影。

ジェンさんとは10年ぶりの再会です。

キュウさんは九州リオンへ3回来たとおっしゃっていましたので、ご存知の方も多いのかも。

ジェンさん、キュウさんは、古見元社長の友達です。

温かく受け入れて頂きました。

amitystaff1.JPG



Amity社は、パーティクルカウンターのキャリブレーションも行なっていて、

ビルの中にエアシャワー、ダウンフロー式クリーンルーム、給水装置など、

リオン本社にも劣らない設備がありました。

IC工場並みの設備にビックリしました。

amity.JPG

    

最後にお土産を頂きました。

miyage.JPG

台湾の古い陶器かと思いきや、

なんとリオンのロゴ入り水筒を6本も。(ええーーー)

rionsuitou.JPG

税関で聞かれてしまいました。

『これは何ですか?中身は入っていますか?・・・・・・・・・』

    

欲しい方は差し上げますので、吉田までメールをお願いします。

    

―――――

Amity社

http://www.twamity.com.tw/

   

=9/14追記=

リオンロゴ入り水筒は早くも売り切れたとのこと!もしや大人気か?!

もうひとつのオリンピック

2012/9/10 月曜日 10:55:43 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:KIKOERU編集室 |

ロンドンパラリンピックも昨日で終わりました。

身体にハンディキャップのあるスポーツ競技者を対象としたパラリンピック、

もともとは戦争で負傷した兵士たちのリハビリテーションとして始まったそうです。

ロンドンパラリンピックでも、日本人選手の活躍が報道されるたび、やはり嬉しい気持ちになりますよね♪

   

そこで、ふと

   ‘聴覚にハンディキャップのある方は、どんな競技に出場されているのだろう?’

という疑問が湧きました。

    

ウィキペディアによると、パラリンピックには聴覚障害者は出場できないとのこと。

えっ!なんで?!

と思ったのですが、別に聴覚障害者のための国際総合競技大会があるのだそうです。

その名は、『デフリンピック』

勉強不足の私は聞いたことがあるような、ないような・・・。

聴覚障害があることを意味する‘deaf’と、‘Olympic’を合わせて‘Deaflympic’。

しかもその歴史はパラリンピックよりも古く、障害者スポーツにおける最初の国際競技大会なのだそうです!

    

リオネット補聴器がスポンサーを務めるプロボディボーダーのYUMIEさんも、

ハンディキャップを持ちながらプロの世界でスポーツを極めた方のひとり。

2007年には宮崎県で「リオネットカップ」と銘打った世界デフサーフィン大会も行われ、

私たちも応援に行きました。

rionetcup.JPG rionetcup2.JPG school.JPG リオネットカップの様子

    

聞こえの不自由さを補う「補聴器」にかかわる仕事をしている者として、

聞こえにハンディキャップをお持ちの方々にこのような活躍の場があることをとても嬉しく思います。

また、自分も何かにチャレンジしようという気持ちを思い起こさせられます。

     

今まであまり見聞きしたことがなかったデフリンピック、

次の開催は、2013年にブダペスト(ハンガリー)で行われる夏季大会だそうです。

ぜひ見る機会があるといいなと思います。

    

(財)全日本ろうあ連盟様のデフリンピック啓発サイト

 ← クリック!

宮崎名物 じゃりパン

2012/9/6 木曜日 15:32:22 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:KIKOERU編集室 |

編集長の西元です。今週は宮崎県都城市に出張してきました。

宮崎といえば、「チキン南蛮」「冷や汁」「地鶏炭火焼」などありますが、

地元スーパーやコンビニでも売っているのがコレ!

『じゃりパン』

jaripan.JPG



「コッペパンに、ホイップクリームとグラニュー糖を混ぜた餡がサンドされている。

グラニュー糖が固形のままであるため、噛んだ時にジャリジャリとした食感があり、

これが名前の由来となっている。」(ウィキペデイアより)

   

中はこんな感じです ↓

jaripan-open.JPG



かすかにグラニュー糖がキラッと光っているのが分かるでしょうか?!

このグラニュー糖の歯ごたえが良いのです。

地元の人はこのじゃりパンが全国どこでも売っていると思っている人が多いようです(^o^)

「ありがとう」の気持ちを込めて

2012/9/5 水曜日 19:21:19 | 編集室 | 個別ページ | カテゴリ:KIKOERU編集室 |

9月に入り、福岡は朝晩めっきり秋らしくなってきました。

季節の変わり目は体調をくずしやすい時期ですね。

皆さまどうぞご自愛ください♪

   

さて、ただ今リオネットセンターでは、「敬老の日ありがとうキャンペーン」を開催中です。

thankyou-campaign1.jpg

リオネットマジェスシリーズのオーダーメイド補聴器をご購入の方に、

もれなくオリジナルデザインを施した携帯ケースをプレゼント!

    

マジェスシリーズの発売を記念して、リオネット補聴器から、リオネット補聴器をお使いの皆さまへの「ありがとう」の気持ちです。

敬老の日のプレゼントとしてお考えの方にもぜひ。

    

オリジナルデザインの携帯ケースは2種類。

以前の開発者インタビューにも登場して頂いた、エアブラシアートデザイナー 八巻昌子さんデザインのフラワー柄とハート柄。





original-case.JPG

もしくはお好みの文字やメッセージを入れることもできます。

    

「敬老の日ありがとうキャンペーン」は9月30日まで。

詳しくはお近くのリオネットセンターまでお問い合わせください。

お近くのリオネットセンターはこちらから~☆ → http://e-mimi.jp/shop/