補聴器の種類

耳あな型

耳の穴に入れて使うタイプ。一人ひとりの耳の形、聴力に合わせてお作りするオーダーメイドと、即製耳あな型があります。音を捉えるマイクロホンが耳の穴の位置にくるため、より自然な聞こえに近くなります。両耳装用にも適しています。

オーダーメイド

スーパーミニカナール(CIC)
写真:スーパーミニカナール(CIC)

目立たない小型タイプ。鼓膜に近い場所に収まるため、より自然な聞こえが得られます。
≫CICの一覧はこちら

スーパーミニカナール極(CIC)
写真:スーパーミニカナール極(CIC)

スーパーミニカナールよりさらに目立たない、リオネット最小タイプの補聴器です。
≫CICの一覧はこちら

カナールエイド
写真:カナールエイド

使いやすい小型タイプ。豊富な種類と多彩な機能が魅力です。
≫カナールエイドの一覧はこちら

マイエイド
写真:マイエイド

高・重度難聴の方におすすめの高出力タイプです。
≫マイエイドの一覧はこちら

即製耳あな型

写真:即製耳あな型

耳型の採取が不要な即製品で耳あなに入れるタイプ。お買い上げのその日からお使いいただけます。
≫既製耳あな型の一覧はこちら

耳かけ型

耳の後ろにかけて使うタイプ。目立ちにくい小型タイプから重度難聴向けのハイパワータイプまで種類も豊富です。カラーバリエーションの中からお好きなカラーをお選びいただけます。防水タイプもあります。
≫耳かけ型補聴器の一覧はこちら

耳かけ型
写真:耳かけ型

様々な機能を搭載した機種があります。高・重度難聴の方に対応した高出力タイプもあります。

耳かけ型 RIC ※1
写真:耳かけ型 RIC

従来の耳かけ型の本体内にあったイヤホンを外耳道に入れることにより、より自然な聞こえ、軽やかなつけ心地を実現しました。





※1 RIC:Receiver in the canal

耳かけ型 RITE ※2
写真:耳かけ型 RITE写真:防水型補聴器 SPLASH

従来の耳かけ型の本体内にあったイヤホンを外耳道の入り口に配置することで、より自然に近い形で音を届けることができます。












※2 RITE:Receiver in the ear

耳かけ型 Sチューブ
写真:耳かけ型 Sチューブ

耳にかけるSチューブは細くて軽く、軽やかなつけ心地です。使いやすい小型タイプで多彩な機能が魅力です。

ポケット型

写真:ポケット型

補聴器を胸のポケットなどに入れてイヤホンを耳に入れるタイプです。本体が大きめなのでボリュームやスイッチなどの操作が簡単です。
≫ポケット型補聴器の一覧はこちら

骨導メガネ型

写真:骨導メガネ型

音声を振動で伝えます。
≫骨導メガネ型の詳細はこちら

写真:イヤモールド
イヤモールド
一人ひとりの耳の形に合わせて作る耳せんです。ハウリング(ピーピー音)や補聴器の脱落を防ぎます。また、聞こえに適した音質調整もできます。耳かけ型、ポケット型に使用するものです。
≫イヤモールドの詳細はこちら